こだわりの品質

職人の技と信念を今に伝える。

大正12年創業

渡辺金属工業は1923年(大正12 年)に姫路城の城下町で誕生しました。

創業当初から「一生もののバケツづくり」を志し、その技と信念は、熟練職人から若手職人へ大切に受け継がれています。

バケツ素材から針金などの小さな部品まで、全て厳選した最高の日本製素材を使用。
お客様に責任を持ってお届けする為、自社工場で製造・検品・出荷の全てを行っています。

製品の先にお客様が居る。人から人へ。想いも一緒にお届けしています。

kodawari_img01

オバケツのこだわり

日本製バケツメーカーの品質

渡辺金属工業は少なくなってしまった日本製バケツメーカーとして、「日本製」としてはずかしくない品質を守りたいと思っています。

外国製と日本製を比べたときに感じる「丁寧さ」を守りたいとともに、「バケツ」であることこだわりたい。

ごみ箱、ダストボックスとしての用途であったとしても「水を入れて使える」にこだわって水漏れテストを行っています。

笑われるかもしれませんが「オバケツ」は「バケツ」です。

安心の耐荷重

obaketsu01

200kgの物を置いても、50kgの物を入れて持ち上げても変形しない頑丈さ。耐荷重試験で実証済みです。椅子として使えるクッション付きスツール缶もあります。

水を入れて使える

obaketsu03

創業当時は水汲み用バケツのみを作っていたメーカーなので、水を入れて使えるのは当たり前!製造最終工程では実際に水をいれて検査しています。(※一部商品には水漏れ防止加工をしていません。)

フック付きのフタ

obaketsu05

フタの内側にはフックがついていて、バケツの口に引っ掛けることができます。これで使うときにも邪魔にならずに便利。

100%日本製

obaketsu07

バケツ素材から針金などの小さな部品まで、全て厳選した最高の日本製素材を使用。責任をもってお届けするため、全て自社工場(兵庫県姫路市)で製造・検品・出荷を行っています。

サビに強い

obaketsu 2

バケツ素材は屋根材で使う『トタンの波板』と同じ。だから、屋外で使用しても錆びにくく、使い込むほどに独特の深みが出て、レトロ感が増します。

IMG_9126